東京の表面

tosurface.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 27日

名前がわかんない

a0132621_1824372.jpg

この鳥の模様の部分はなんていうのか?

研ぎ出し流し(これも今検索して発見)とは違うとおもうのよね。

外に水道が立ってるのは立水栓(りっすいせん)というらしい。
あ、こんなのあった。排水桝かな?

*この「水飲み」は東京競馬場にて撮影。トキノミノル像のそばの庭園みたいなところ。

年1回の楽しみな長距離レース@東京競馬場
[PR]

by tokyosurface | 2013-02-27 18:43 | 施設とか | Comments(5)
Commented by hako at 2013-02-28 17:14 x
多分、グレーチングだと思います。
こんな感じ↓
http://www.kogi.co.jp/bumon_kogata_grate.html

鋳物でできているのですね。
砂で作った型に金属を溶かした湯と呼ばれる液体を流し込ん出作ります。
湯を溶かす炉は今は電気がほとんどですが、以前はコークスなどが使われていました。
去年、東電の電気料金値上げで、鋳物の町の川口商工会議所が支払拒否を表明した記憶があります。

・・・スミマセン、そっち方面詳しいので・・・。

あ、その方法でベーゴマ作りましたv
Commented by hako at 2013-02-28 17:27 x
続けてスミマセン。
正確には「デザイン集水枡蓋」というみたいです。
Commented by tokyosurface at 2013-03-01 17:24
おお、ベーゴマを!
鋳物はマンホールとかでもいい味だしてますよね。
こういう会社のサイトをみるのもこのブログやってる楽しみです。
Commented by hako at 2013-03-01 22:24 x
そういえば、大場久美子(古っ!!)のお父さんってマンホールの蓋作ってたらしいです。
TVで本人が言ってました。
Commented by tokyosurface at 2013-03-03 11:10
コメットさん…(^^;


<< 緑      埋設のしるし >>