東京の表面

tosurface.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 12日

歌舞伎座「屋上庭園」に残された古い瓦

先日オープンした五期歌舞伎座の上にある屋上庭園です。(入場無料)
a0132621_16411472.jpg

先代の鬼瓦などゆかりの品が置かれています。
a0132621_16433065.jpg

足元にこんなものが。
a0132621_1645108.jpg

これも先代の瓦を再利用していると思われます。
a0132621_1645575.jpg

「京都 杦友」 という印があります。
木(きへん)に久しいは「杉」の異体字だそうで、杉友というものもありました。
a0132621_16454839.jpg

四期歌舞伎座は1950年に竣工。そのときにつくられたものと考えられますが、
この記事を読むと、関東大震災の修復時に使用されたものが混じっている可能性も?とか妄想しちゃいます。

一応、京都府瓦工事協同組合加盟店リストを見てみましたが(ネットって便利~)杉友と関連ありそうな会社はないみたいです。

なお、五期歌舞伎座の瓦は愛知県産の三州瓦が使われています。

5代目歌舞伎座 緞帳披露
[PR]

by tokyosurface | 2013-04-12 17:07 | 時間を感じさせるもの | Comments(0)


<< 仮設白線の除去が雑。      松の養生 >>