東京の表面

tosurface.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 27日

新宿駅西口地下広場の波紋

新宿駅西口地下広場(2006年7月の西口広場を歩いているyoutube動画にリンクしています)
wikipadiaによると、坂倉準三が設計し(実施設計・設計監理は東孝光)、1966年完成した新宿駅西口地下一帯の送迎車乗降部分を含む歩行者空間。公式名称表示では「西口地下通路」。
水に広がる波紋をデザインしたともいわれる丸いタイルのパターンが印象的でしたが、最近改装でどんどんなくなっています。
a0132621_21345965.jpg


2016年度を予定として、東口・西口改札を撤去、東西を行き来できる自由通路に転換、通路の途中に新改札を設置する計画が発表されたそうなので、その工事で完全に見られなくなるかもしれません。

a0132621_21325871.jpg

かつては反戦フォークゲリラの砦であったり、ホームレスの人たちが集団でダンボールを用いて暮らしていたりしていたなど、新宿の街の歴史の一角。

…って、上の二枚、補修以外の部分で違うことに気がつきませんか?

a0132621_21374058.jpg
a0132621_21391170.jpg

ね、ね、円形の模様の周りの部分が白い所と黒いところがあるんですよ。

a0132621_21412175.jpg

上、黒方、中心が四角の並び。下、白型;四分の一円形で島津家の紋どころみたい。
a0132621_21413668.jpg

周辺部分が白い所と黒いところでは、円形の中心部も違うんです。
全体に、周辺白のところはタイルが細かいので、こちらの方が古いんじゃないかと思います。
京王線の方に黒方、JR西口改札から丸ノ内線改札へ行くあたりに白型がみられました。
白型の方が風情があるのでつい撮ってしまいました。

a0132621_21441621.jpg
a0132621_21443922.jpg
a0132621_21445179.jpg


これを書くのにいろいろしらべていたら、タイル撮ってる人にたどり着きました。
「デザインされていない面白さ」から路面補修を見ててこんな人を発見するとは…まあするか。笑
[PR]

by tokyosurface | 2009-06-27 21:59 | タイル | Comments(2)
Commented by chosuke at 2009-06-27 23:31 x
こんにちは。さっそくコメントさせて頂きます!
というのも見慣れた新宿西口の床だったので思わず反応してしまいました。
会社も西新宿だし自宅も近いので頻繁に通る場所なんです。
ワークショップが終わって家の付近は少し違う目で見てみたりしてたんですが、
西口のような場所ではアンテナ張ってなかったので写真がスゴく新鮮でした。
年期が入ってて味があって良いですねー。深いですねー。
新しい世界はどこにでもあるんですねー。すぐ側にあるもんですねー。
「東京の表面」がこれからどんな方向に進んで行くのか楽しみです!
Commented by tokyosurface at 2009-06-28 19:46
chosukeさん、コメントありがとうございます♪
私も新宿はよく通るので、なんか改装で床の模様がなくなって雰囲気変わったなあ、と思っていたのですが、写真撮ってみたら昭和っぽい部分があってびっくりしました。
なんだか一週間(しか経ってない!)で世界がかわってしまっておろおろしています。でも楽しいです。


<< 断面      点滴岩をも穿つ。 >>