東京の表面

tosurface.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 22日

立体地図

新宿駅西口イベントコーナーで、東京都建設局河川部主催の「川のパネル展」というのをやってる(24日まで)。
その一角に東京都東部低地立体地図というのがあって、大山顕さんがワークショップのときに話していた渋谷や四谷や五反田は低地、というのがよくわかったので撮影させてもらった。欲しいな、こういうの。
a0132621_21321714.jpg
a0132621_2132266.jpg
a0132621_21323562.jpg
a0132621_21324684.jpg
a0132621_21325745.jpg
a0132621_2133536.jpg

[PR]

by tokyosurface | 2009-07-22 21:34 | あっぱれ | Comments(4)
Commented by まいてぃどらごん at 2009-07-23 23:19 x
こんな立体地図ってどうやって造るんでしょうね。
平べったいものどおしでもちゃんと貼り合せることが出来ないので、
先に印字したのをどうやって凸凹に合わせるのかまるで想像つきません。
ゼッタイ上から貼った方は全体をカバーできないですよね。

っていうか、ふつうはつまらないこと言ってないでただ感心しますけど。
Commented by tokyosurface at 2009-07-24 11:36
まいてぃどらごんさん、
たとえばこんな会社がつくってるっぽいですよ!
NC切削や粉体造形…なんだなんだ?
http://www.trust-system.co.jp/goannai.htm
Commented by まさ at 2009-07-27 15:42 x
こんなイベントがあったんですね。うらやましい。
河川とか水門とかが前面に押し出された地図もいいですねー(建設局だけに)。
中央防波堤なんて、山、だなぁ。

この地図模型、直接印刷したんじゃないかなぁ、そんな感じ。
Commented by tokyosurface at 2009-07-27 23:18
「川のパネル展」全体は、治水についての説明みたいなものが多かったような。水門ガーンとか、地下設備どーんとかいう写真はなしでした。ちっ。
技術的にでこぼこのところに直接印刷はできるみたいですよね。
このイベントの中でこの地図の存在感は0.2%ぐらいな感じでした…


<< 日食中にも路面は撮った。      傷んだ橋 >>